日別アーカイブ: 2014/05/14

4月度マンスリー確認テスト: 社会

社会は、7割程度でした。

1.分析
  1)地図
    ー地図の記号の読み方やそれをベースにどんな事が言えるかです。
    ー読み慣れていないと出来ないだろうと思ってましたが、案の定いまいちでした。
    ーパズル的な要素もあるので、状況をちゃんと想像できないと難しいかと。

  2)都道府県の類推
    ー授業でやった産業や気候について、特徴から都道府県をあてる問題です。
    ーこれは、割とストレートに知識問題なのでテキスト復習していれば出来る内容であり、
     難易度も高くなくてよく出来ていたと思います。
    ー最後の雨温図については、こうした形ででるとかなり難易度が高くなります。
     6つの都道府県を選ぶのですが、一個間違えると自動的に他の地域も間違える
     ことになるので、失点が大きくなります。
    ーこれについては、特に分析の仕方、当てはめ方を知らないと授業のテキストだけ見てて
     一般的傾向だけで当てはめ出来るようにはならない気がします。

2.コメント
  1)地図については、この分野特有の考え方なので地理一般ではないが、実際地図を読むなどの
    学校での実習的な要素がないと辛いかも。
  2)雨温図は、3つの比較と6つの比較は難易度が異なり、間違えずに6つの地域を当てはめるには
    地域をしぼる当てはめ方を知らないと厳しいと思います。これは問題演習を通じて獲得できる
    ものですが、その練習なしでいきなりテストに出されても厳しいと思います。
     本番でないので次回以降出来るようになっていればいいとも思いますが、逆にこのレベルでの
    問題を解く視点を知らないと初見では厳しいと思います。
  3)全般的に、前回の問題よりも難易度が上がり、エラーしやすい作りとなっているので、次回以降の
    テストに向けての学習の仕方を検討したいと思います。