未分類」カテゴリーアーカイブ

皆様の御健闘を御祈念します。

東京都および神奈川県の中学入試は明日から1日校を皮切りにはじまります。

どんなことがあっても最後まで諦めないで頑張ってください。これまでの自分のしてきたことを信じて取り組んでください。皆さんのこれまでの努力が結果に結びつくよう、健闘を祈念いたします。

2018年末(中2 2学期)

本日は2018年12月31日です。受験生のみなさんは残すところ1ヶ月だと思います。体調に気をつけて最後までできることをやりきって悔いのない受験を御祈念いたします。

さて、最近の近況です。中学生活も半分が終了したことになります。学校の生活は、勉強よりも部活、友人関係が中心となっています。やや中だるみという感じで、もっと真剣に勉強すればいいと思うのですが、1/3の立ち位置をキープしつつ学校生活を送っています。成績優秀層は現段階でも相当かっちり勉強しているみたいで、勝負になっていませんね。

男子校なので、数学については、中学課程は幾何が一部残してほぼ終わり、今は高校数学の数Iをやっている状況です。進度は早く、演習も多いのですが、中学数学の代数分野のボリュームと高校の数II,数IIIのボリュームを考えれば、高校受験がない分、中学の代数分野が終わったらすぐさま数Iの計算に入ってトレーニングした方が無駄がなく、概念的に難しいところに十分な時間を変えることができるかと思います。幾何は、中学受験で公立や高校入試で問われるレベルの幾何はほぼ終えているので論理訓練としての厳格な証明のトレーニングとしての幾何となっています。

数学は算数と異なり方法論がはっきりしており手続きが明確なところがあるので受験レベル前の標準レベルまでは積み上げをサボらなければ到達することができると思います。幸いなことに我が子は数学に関してはテストでこけたりしていますが、理解できないとかということはないようです。

英語は、女子の中高一貫は相当早い進度で進んでいるようですが、我が子の場合は2年で中学課程を終わらせるというカリキュラムのようです。通常レベルはできているのですが、語彙や文法の細かな知識の正確な運用はいまいちで、感覚に頼っているようなので、高校に入ったら苦労するのではないかと懸念しています。

国語は、あれだけ中学受験の際にやった現代文ですが、小説の心情把握はいまいちな感じです。評論はそれなりにできているようですが。古典、漢文も始まりましたがこの辺りは学校の指示に従って淡々とやってもらえればいいかと思っています。精神年齢が低く、文章も読んでいないので仕方ないところですね。

社会も中学受験で相当やりこむので、中学では世界地理以外は新たにやるべきことはないので学校でも塗り直しをしているような感じです。より突っ込んだトピックスについて突っ込んだ授業をしているようです。逆に6年時に知っていたことを綺麗さっぱり忘れているのに驚きます。

理科も中学受験でやったことの塗り直しですが、公立でやる理科の範囲は中学受験でほぼ終わっているので、実験中心かつレベルは公立の高校1年くらいのレベルに生物、地学は入っているようです。物理は数学がある程度進まないとできないことがあり、化学も定量計算はやっていませんが、大学受験の接続を考えて初めから授業構成が組まれているようです。この辺りは中学受験でしっかりやっていればあまり大変ではないはずなのですが、すっかり忘れているようで。。。高校に入ったらしっかりと勉強してもらいたいと思います。

全般的には、通学時間、部活等小学生の時と比べると忙しそうですが、サピ6年の時よりは勉強時間圧倒的に少ないです。。。それでも2年たつと小学校の時と違う意味で賢くはなっているのではないかと思います。

高校課程になると大学受験勉強の筋道ははっきりしているので勉強の方法論も明確化するのですが、この1年は勉強は緩めだったような気がします。中3夏くらいから高校課程が本格化すると思いますので、本腰を入れて頑張ってもらいたいと思います。

それではみなさん良いお年を

結果報告

ご報告が遅れました。

残念ながら、2月1日校にはご縁を頂く事が出来ませんでした。

その後、2日、3日、4日と試験が続き毎日ジェットコースターのような精神状態の上下を親子ともにしながらも、
本日、3日の新宿区の附属校でない方の学校に決まりました。2日は安全校を出願していたので、その日のうちに合格が分かっていたので落ち着いたのもありますが、4日までは試験を受け続ける事となり、体力、気力ともに大変でした。

落ち着いたところで期間中の話、12月頃からの様子を書きたいと思いますが、本日のところはご報告まで。

これで我が子の中学受験は本日を持って終了となります。

子供はしばらく勉強しなくていい事に浮かれていますが、まあそんなもんでしょう。

とはいえ、長い間お疲れさまでした、よく頑張ったね、ということで家族でお祝いしたいと思います。