小6 11月マンスリー ー確報

採点後答案が上がりました。
約390点、偏差値62、順位400番台

平均高かったですね。

なお、速報の個別科目のところは、来年の比較合判もあり内容丸めました。

1.我が子の点数
 算数 約105点
 国語 約115点
 理科  約85点
 社会  約85点
 合計 約390点

5点単位の端数と、国語の記述で12点出ていたこと、配点計算間違えがあったため、上ぶれしました。

2.平均

     予想   結果
 算数  80点   80.7点
 国語  95点  100.7点
 理科  60点   64.9点
 社会  55点   68.7点
 合計 290点  314.8点

 平均高かったです。算数と国語はともかく理科と社会は簡単な知識問題はみんな仕上がっていて点数を取りきっているという事だと思います。

3.コメント

  • 算数は、速さの問題が全滅していたので複雑な設定の問題の復習が必要です。 後は過去問、SS、通常授業の中でひたすらリピートですね。
  • 国語は記述で10点以上ありました。最近片方0点が多かったので、びっくりです。客観問題は4問ミスで精度が高かったです。平均が高かったので偏差値的にはたいした事なかったですが。。
  • 理科は簡単とはいえ、85点となると素点で20点ほど平均を越えるのでトータルの点数では聞いてきますね。分野としては化学の計算のところに弱点があると思うのですが、以前より穴が埋まってきたように思います。
  • 社会は地理が一番範囲が広く難しいかと思います。歴史はミスはしてますが、それなりに取れています。ただ、基本問題を落としているところがありますので引き続き精度をあげる必要があります。
  • 最後のマンスリーでした。本人も納得いく結果でしたが、ゴールは2ヶ月後です。日曜の合格力判定を除き、ベンチーマークになるのはSSと通常の席次となりますが、基本的な方向性はこのままでよいという事だと思うので後は、繰り返しにより、精度を高めて行くしかないです。
  • 我が子だけではなく皆が頑張っているので気が抜けませんが、志望校の入試問題についてどのレベルの答案が書ければいいかは過去問や模試でベンチマークが取れるので後は、得意な科目は積みます、苦手な科目は穴をつぶす、ことをひたすら繰り返すだけかと。
  • 最後、試験会場に立って解答するのは子供本人なのでそのときに自信を持って臨めるように今出来る事をどこまでやりきるか、だと思います。

2 thoughts on “小6 11月マンスリー ー確報

  1. トーマスおじさん

    平均点+80点を目指していますが、算数、理科で10点ずつ足りませんでした。
    Sapix受験応援パパさんが羨ましいです。
    志望校の過去問で言えば国語は合格者平均を上回っていますが、理科と社会は受験者平均と合格者平均の間で算数は受験者平均に大問1個分足りず算数の嵩上げが課題です。
    Sapixの模試も今週日曜日が最後。
    再度400点の声が聞きたいですが。。。
    お互い頑張りましょう。

    返信
    1. Sapix勉強応援パパ 投稿作成者

      記事を書きましたが、最後の合格力判定はイマイチでした、理科社会の知識精度まだ足りません。算数も取りきれていないので、まだ余力残してどうする?と思うのですが。。。後2ヶ月でやる事は過去問、SSの復習、知識とある意味シンプルです。どれだけ身につけられるかですね。1月からいよいよ入試本番が始まります。体調管理に気をつけてお互い頑張りましょう。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*