小6 合格力判定SO第1回 ー 確報

成績が出てました。予想通りの345点

1.我が子の点数
 算数 約100点
 国語 約90点
 理科 約75点
 社会 約80点
 合計 約345点

 算数1問転記ミス、国語は記述で10点ありました。
 
 順位は1800番台、偏差値約54で、予想ほどは悪くなかったです。

2.平均
     予想    結果 
 算数 約95点   92.6点
 国語 約95点   91.3点
 理科 約65点   60.6点
 社会 約65点   72.8点
 合計 約320点  317.2点

 
3.コメント

  • 全体で5200人なので300人ほど抜けた感じでしょうか。テストとしては平易だったので夏の成果がよく確認できる試験だったと思います。
  • 我が子は午前中に渋々SOを受けてダブルヘッダーだったために午後の試験である合格力判定においては算国は力つきていたようです。かといって渋々のSOも偏差値52程度とふるいませんでした。知力以前の体力が持たないようです。
  • 合格力判定はそのときの総合的な基礎力のスナップショットを図るものと考えています。今回のテストは算数の点数が取りきれないところが一番の敗因です。理科と社会はどちらもまだ知識の精度を高める余地がある事が学びとなります。
  • 国語については我が子の毎回成績がぶれるため正直評価が難しいです。前よりはまともになってきたように思いますが、SSや土特だと結構よい順位を取るので「男子校なら通用する国語」、という割り切りをしたいと思います。
  • いずれにせよ、9月の模試の第1Rを通じて、現在の実力がまだまだであるという事が明らかになりました。志望校については絶望的な水準ではなく、期待したところまで到達していないというレベルですので次の試験まではSSと過去問を中心に志望校対策を行いつつ、通常授業で算数の典型問題と理科社会の知識を固めることを黙々と続けて行く事かと思います。
  • 漢字間違えや基本的な知識不足があるのでその分を伸び代だと思って次回は改善してもらいたいところです。
  • ダブルヘッダーをする体力、気力がない事が分かりましたので一回の模試を大切にしたいと思います。

2 thoughts on “小6 合格力判定SO第1回 ー 確報

  1. ひでぽん

    こんばんは
    初めてコメント(と言うより質問)します。4年生の父です。
    ある方は「今回5200人でプラス200人ほどだった」ので「オープンと言っても外部生は200人ほどしかいない」と書いていました。どういう事なんでしょう?
    また、結果が人によって、
    ①合格力判定SO>学校別SO
    ②学校別SO>合格力判定SO
    なのは選んだ学校によって問題が違うという事なのでしょうか?そうでないとすると基本的には問題の難易度によるはずなので、人による順番の違いはあまりないはずと思うのですが。
    今回殆んどのお子さんは①だったようですが、②のお子さんもいるようです。

    返信
    1. Sapix勉強応援パパ 投稿作成者

      コメントありがとうございます。今回5200名というのは、毎回のSapix生対象の試験受験者数が5000人程度ということから割り出したという事だと思います。
      合格力判定は、皆さん書いていると思いますが、基本的な問題でマンスリーよりも易しいです。4年生で言えば組分けを易しくした感じ。学校別は、問題そのものの難度が、出題が異なります。受験者層がその学校を受けようと思っている人が受ける模試なので、6年生の5000人ではなく限られた人数で偏差値と順位が出ます。
       また、1点で偏差値が大きくぶれるので、志望校に傾向があっていて成績が良ければ高い偏差値が出たという事ではないでしょうか。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*