小6 8月マンスリー ー速報

夏休みの学習の成果が試されるテストでしたが、結果はイマイチでした。
320点位で、算数、理科の点数が取れませんでした。特に理科が残念な結果となりました。

1.点数
 算数   約90点
 国語  約105点
 理科   約55点
 社会   約70点
 合計  約320点

2.平均予想
  算数  80点
  国語  85点
  理科  55点
  社会  50点
  合計 270点

 位でしょうか? 

 問題の難度は上がってきていますが、皆勉強しているのと辞めた人もいるかと思いますので、
母集団が上にシフトしたと思います。平均点はこれより5−10点程度上がるかもしれません。
 これまでの傾向だと偏差値56−7、順位1000番ー1200番くらいかと思います。

3.問題についてコメント
1)算数

  • 範囲のないテストで、標準的とはいえ処理工数が多いのでこなしきれないかもしれません。

2)国語

  • 問題未分析。

3)理科

  • 入試問題の作りっぽい4題形式で星、植物、化学反応、電気回路と夏期講習の成果を試すような出題でした。

4)社会

  • 地理はいつものサピのテストで普通の対応だとなかなか点数取りきれませんね。歴史も盲点をつくような問題があり、取れるところを取りきらないと点数がなくなってしまいます。公民は相対的に簡単かと。

4.我が子の評価
1)算数

  • トータルで10問落としています。2で2問落としており、後段5、6、7のところが時間が足りずに解ききれなかったようです。処理スピード不足かと思いますが、後1問は取ってほしかったところです。

2)国語

  • 今回は、記述以外で100点近く取れたとの事ですが、採点後答案を見ないと漢字でいつも細かく減点されているので信頼できません。記述は期待できない書きぶりだったのでよくて10点程度かと思います。

3)理科

  • 星と電気回路が苦手だったので夏期講習で復習を含めて繰り返し学習したのですが、星のところは基本問題で3問ほお度落としており、電気回路は半分程度と残念な結果に終わりました。2はよく出来ていました。3はよくある典型的な入試問題という感じですがまだこの種の問題取りきれるレベルになく出来が悪かったです。
  • そんなに難しくないようにも思うのですが、子供的には理科が一番沈んでいました。

4)社会

  • 地理はデータバンクと各地方の地名をそう復習していました。この形式は入試問題では余り聞かない形式だと思うので覚えてもなかなか点数が取りきれないでしょうね。歴史も基本を押さえた上で盲点を聞いてくるのですが、そうなる事は想像がついていたので江戸時代、現代のところは復習しておりいくつか問題を拾う事が出来ました。公民はミス1問でいけました。

5)総合

  • 夏は算数を重点的にやりました。問題の解答過程を見ているとだいぶ改善しましたが、点数に反映するところまで至っていないようです。国語は有名中と漢字の要のおかげでしょうか? 客観問題と知識はよく出来ていました。
  • 理科は入試標準レベル程度と思うのですがまだまだです。特に星と電気回路の弱点補強を夏にしたはずだったのですが、結果に結びついていません。これで都合3、4回はこの分野出てきているのに満足な結果となっていないのは反省点です。社会はまあこんなものですが、もう3、4問取れた問題があると思うので知識精度をあげて行く事かと思います。
  • 皆さんすごく勉強しているので相対的にレベルが上がってきている中で、我が子も改善は見られるものの夏の成果は点数にはでていないようです。
  • 秋からはSSが始まり本格的な志望校対策となりますが、引き続き頑張ってもらいたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*