8月度マンスリー確認テスト結果(4年生)

2014年8月31日実施の4年生のマンスリー確認テストの結果です。
アルファに復活する事が出来ました。

1.子供の結果

    点数   偏差値  平均
算数 約95点   55   80.2点
国語 約105点  59   87.8点
理科 約85点   62   63.8点
社会 約75点   64   47.6点

総合 約360点 偏差値 約61 順位 約800番

今回は、偏差値61、順位は上位16%となる約800番となり、アルファに戻りました。

今回の目標は、算数110、国語110、理科社会で150で370点としていたのですが、
算数のミスがなくならなかった一方で、理科と社会で160で10点マイナスですみました。

最初に問題を見て、算数が比較的簡単だと思ったので、このミスは痛いと思ったのですが、
総合的にはそれほど沈みませんでした。

夏期講習は毎日あって試験範囲が広く復習が大変だったと言う事で問題はそれなりに基本的内容に
思えました。夏は時間があったのでこれまでの復習も含めてガシガシと勉強したので、本人としては、
トレンドとして成績の向上の兆しが見られたのでよしとします。

1)算数
  基礎的な問題のミスが減りません。1、2、3の所のミスをゼロにしなければなりません。
  計算間違いではないので、問題設定ミスや勘違いをなくす必要があります。
  応用問題は、半分くらい。こんなもんです。

2)国語
  漢字文法は国語の要から出るという事で、コピーと取って三回やったので、失点は少なかったです。
  今回、読解の選択はまあまあでしたが、記述がポイントがずれていて点がなくなってました。

3)理科
  割と問題簡単だったようで、8割とれたのでよしとします。

4)社会
  社会は今回もかなり難しいかと思ったのですが、7月程ではありませんでした。それでも簡単では
 ないので70点台でしたが、難易度が相対的に高いので、これだけ出来ればまあまあかな。

3.コメント
1)算数
  ちゃんと復習していれば、簡単に出来ると思うんですけどね。今回は余りひねった問題も出ずに素直な
  設問で基本、応用を押さえておけば110点くらいはとれると思います。

2)国語
  割と普通なセットだったと思いますが、記述は採点厳しいですね。

3)理科
4)社会
  今回、やり方は子供に指導しましたが内容まではフォローしないでやってみました。問題あまり
  突っ込んでみていませんが、難易度はそれほどでもないようです。だいたい出題パターンが分かって
  来たので、理科は季節の図鑑から発展問題まで暗記ものと隅々内容を読み直し理解をしておく事が
  必要ですね。社会は項目を覚えるだけではだめで知識を組み合わせて引き出せるか、ですがこれは
  なかなか難しいですね。

4.今後
  だいたいマンスリーに対応するのに必要な勉強の仕方は確立したと思うので、後は効率的な対応を
  目指したいと思います。また、毎回のテストでちゃんと理解と定着を図る事も必要ですが、最終的には
  入試で必要なレベルに到達する事が大切だと思うので、算数をもっと出来るようにする事と、国語の
  記述問題の力を強化していく事が今後の課題です。
   理科と社会はだいたいのレベル感が分かったのでこのペースで5年末までついていければいいかと
  思います。
 
  まだまだ先は長いので。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*