小4 マンスリー確認テスト6月度 結果

本日採点済み答案と平均点、偏差値がサイトにアップされました。

前回より30点程度点数がアップして、偏差値は59、順位は900番台になりました。
平均点予想は、各科目5点以内のずれに収まりました。

1.予想の検証

 全体 予想 300点  結果 296.9点 ずれ +3.1点 前回平均 309.4点  
 算数 予想 98点   結果 93.1点 ずれ +4.9点 前回平均 92.8点
 国語 予想 92点   結果 92.5点 ずれ -0.5点 前回平均 94.6点
 理科 予想 57点   結果 61.7点 ずれ -4.7点 前回平均 61.7点
 社会 予想 53点   結果 49.6点 ずれ +3.4点 前回平均 60.3点

 となりました。各科目、予想とのずれは5点以内でしたが、算数が思ったより平均が低く、理科は思ったよりも平均を高かった印象です。試験問題として前回の試験との差は、12.5点下がっていますが、10.7点は社会が難しかった事によるもので後は平均ベースでは差がありませんでした。

算数は、後段の問題の難度は前回ほどではなく、図形の面積も基本的だったので平均が上がると思いましたが、前半の基本問題も結構処理量の多かったために平均が下がったようです。

理科のできがいいのは、意外でした。それなりに理科的な論理思考の身に付いている子供が多いという事ですね。他方、社会は地名を覚えた上に、その応用だったので前回より更に出来なかったということかと。社会も夏期講習が日本の各地域の地名復習シリーズとなるのでそこで定着を図る事になりますね。

2.子供の結果
 
 (数字は丸めます。)

 総合 約360点  偏差値 約59  順位 900番台
 算数 約120点  偏差値 約60
 国語 約100点  偏差値 約54
 理科 約80点   偏差値 約59
 社会 約60点   偏差値 約57

 評価

 算数 
割と出来ていましたが、基本問題で3問間違えていました。後段は、電車の時刻表の問題が全滅
 最後の問題は、難しいと思いましたが「勘」も駆使して10点ゲット。ここで2問とれたので、前半の凡ミスをカバーしました。

国語
 漢字で3問落としました。説明文は、選択問題はまあまあ、記述は、要素項目は入れているのですが、読んで意味のとおる日本語ではないので大幅減点。
 後段の小説は、主人公が前段のイベントと後段のイベントで気持ちが切り替わる内容で、読解、結構難しいと思ったのですが、選択問題は健闘。最後の記述も、4つほど盛り込むべき項目のうち、3項目程度かけていたので、半分程度点数をゲット
 他方、答えはあっていたものの、字が汚いためにバツとされ、みすみす点数を落とした問題があり、「丁寧な字、漢字を書く」ことも今後の課題です。

理科
 季節の図鑑は、前回リベンジでばっちり。光合成の実験は、各実験のそれぞれの段階で意図する事は何なのかという問いに対してまだちゃんと答える事が出来ていませんでした。実験全体を通じて確認したい事は分かっているのですが、それをスモールステップに分けて確認しているところの意味がまだ十分理解できていないようです。
 溶液の問題は、よく出来ていてマイナーなミスだけだったのでよしとします。

社会
 テキストベースの知識問題はそれなりに完成させたつもりでしたが、聞き方をひねられるてやられている感じがします。一対一対応の知識問題部分はOKでしたが、常識的な事と組み合わせて判断するところや、小ネタ的なトピックスをまぶして問題になっている所あたりでやられていました。また、漢字が正しくかけておらずにバツになっていた問題があり、ちゃんと正しい漢字を書けるようになることも大切ですね。

総合
 子供なので、ノーミスでいくのは無理ですが、漢字とか字が汚い、凡ミスなど、とても惜しいミスで点数を落としているので、そうしたことを減らす事が必要。それがなくなるだけでも20点くらいの底上げが可能になります。目標は75%の375点でしたが、算数理科は8割に対し、国語と社会が65%で、15点ほど未達でした。うち10点程度は字が汚い事による失点です。

 今回、反復回数を増やし、定着を図ったために勉強方法的にはまずまずOKでしたが、社会と理科の勉強の仕方はもう少しカスタマイズが必要です。

ミスも含めて安定した成績を出すために、国語の根拠をもった読み方と解答プロセスの習熟、社会の掘り下げ方について更なる対応を考えたいです。
 算数、理科は、歯ごたえのある問題を使ったテストを通じて磨かれていくかと思います。体系的に考え方を習得して演習するというところの効率化を図りたいと思っています。

 クラスは今週木曜日にならないと分からないようですが、上がるとは思いますが、どこまで行くかは校舎基準次第かと。

 さて、間髪入れずに7月には、クラス昇降がフリーフォールのクラス分けがあるのでまたそれに向けての対策を検討していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*