11月マンスリーテスト(小5) ー速報

解答が上がっていたので採点しました。約325点でした。

1.子供の点数
 算数 約95点
 国語 約95点
 理科 約70点
 社会 約65点
 合計 約325点

算数はこんなものだと思います。
算数は小問集合で問題数が多く、これを間違えずに解ききるのは難しいと思います。
国語は問題文を読み込んでないのでコメントは控えます。
理科も良い問題だと思いますが、計算問題が出来てませんでした。
社会は細かいところが難しかったと思います。ミスもありますが、取れる問題はそこそこ取れて
いたので、問題自体難しかったのだと思います。

2.平均予想

 算数 75点
 国語 85点
 理科 65点
 社会 45点
 合計 270点
  
 もう少し高いかもしれません。

 偏差値は結果変わらず約58−59、順位900番-1000番程度でしょうか。

3.問題感想

 まだ分析できていませんので問題をざっと見た感想まで
 
 1)算数
 基礎トレ問題が減り、2−8まで星1−3の問題が並んでいます。計算量が多く問題数も多いので処理が正確にできる人はいけますが、何らかのミスが出ると思うので前回よりも平均は下がりそうです。
 我が子は、前回の失敗を踏まえ、5問は解かずに、5問まで間違えるのを可、という条件で取り組ませたところ、95点となりましたが、1の基礎トレ問題で2問落とすというトホホな結果となりましたが、前回よりはトータルで+15点と、一定の結果にはなりました。ミスを3問だとよかったのですが。この辺りが現時点での実力かと。

 2)国語
  時間があったらコメントします。

 3)理科
  金属と人体は知識問題で、中和と溶解度は計算だったのですが、計算は標準的でとてもよい問題だと思うのですが、溶解度、中和の問題ともに計算、思考力系の部分で半分程度失点していました。この部分は入試的にも頻出で出来るようになる必要はありますが、現時点ではまだ無理かと思っていますので、来年死ぬほど演習してもらえばいいかと思います。知識問題の金属と人体は完璧でした。  

 4)社会 
  歴史は前回レベルを想定していたのですが、さすがSapix、予想を上回る難易度でした。
基本知識を組み合わせて聞くということもさることながら、押さえておかなければならない知識の細かさについても、難問については、高校の日本史レベルの細かさがあります。戦争ものの場合、地図を押さえておくようにとはいっておいたのですが、よほど正確に覚えていないとなかなか点数が取りきれないと思います。幕府直轄領も、こういう観点で聞いてくるのは基本は出来ていて当たり前で、それより細かい事をちゃんと勉強してくるように、というメッセージであると受け取りました。
  我が子も、取れないと行けない問題は取れていますが、細かな知識問題は取れておらず、1の組み合わせの問題の設問を取り違えて必要以上に失点をしてしまいました。

全体的には前回よりも理科は分野的に難しく、社会は設問そのものが難しいと思います。算数は基礎トレ部分を減らして基礎力定着テスト、デイリーチェックレベルの問題が並んだのは意外でしたが、今回は式を丁寧に書いてミスをしないというトレーニングをしていたので、その意味では予想通りで一定の結果が出ました。ただ、1.の基礎トレ部分で2問間違えたのが痛いです。例によって計算をごちゃごちゃとしているので、今度は基礎トレの計算問題の式の立て方、計算の仕方をもっとうまく出来るように指導が必要かと思っています。

理科は溶解度と中和の計算は難しいと思っていたのでこんなものかと思います。入試基本問題レベルがとけるようになるようにトレーニングが必要ですが、はじめて習った段階ではまだ難しいですね。知識分野が取りきれていたのでよしとします。

社会はかなり正確に覚えていたのですが、それを上回る細かさの出題でしたので、費用対効果を考えつつどの程度の深さまで勉強するかは次回の課題としたいと思います。

いずれにせよ、全体の難度は上がったのではないかと思います。
振り落とされないように算数、理科、社会はやっていますが、後2回、全ての教科が重いので、頑張っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*