8月マンスリー結果(小5) ー速報

採点前答案が上がっていたので採点しました。

約335点、理科と社会が撃沈。基本的な問題を落とし過ぎでした。

算数 約100点
国語 約115点
理科 約55点
社会 約65点

合計 約335点

でした。

算数が1−2は完答。3.で3問。4.5.で3問、6.で2問、7で2問。
国語は、漢字と文法で8点落としたものの、客観問題は3問落としたのみでした。
他方、理科は簡単な基本問題からぼろぼろと落としており、悲惨な状況でした。
社会もある程度は出来ているのですが、細かな知識、漢字の書き間違え、読みがな等で間違えており、奥羽については、漢字なら書けたのにという状況で、やられていました。

全体的には算数は後10点、理科と社会で20点位落とした感じで残念な結果となりました。

平均予想は、個別は若干感覚ですが、全体は290くらいかと。
 
算数 85点
国語 95点
理科 60点
社会 50点

合計 290点

順位は5500人くらいとして1300-1500番台、偏差値55-57程度かと。

算数は、この夏は先取りにかけていたのですが、マンスリーとしては進歩が見られませんでした。いくらやり方が分かったと言っても時間内に間違えないで解けるかはトレーニングが必要です。特に今回は3問、1)面積で長方形を出すべきところを、今日部分の面積を答えた、2)42を約数を数えるべきところ、48と転記ミス、3)時間の引き算のミス、と基本的なミスで15点落としており、こうしたところは実戦で如何に時間配分をしてミスをしないか、という点がまだまだ修行不足です。

国語は、問題自体分析できていませんが、夏に入試演習をした効果か、客観問題の精度が上がったようです。記述がどれだけ取れているかはありますが、115点コンスタントに取れれば国語としてはOKかと思います。ただ、今回の問題が易しかっただけかもしれません。

理科は、問題は予想した通りのレベル感でした。とはいえ範囲が広く理科については夏期講習中も新しいカリキュラムが進んでいったので消化不足な間が否めませんでした。全体のセットとしては割と普通な気がしましたが、基本的な問題を落とし過ぎでした。

社会については、細かなところはいくつか難しそうなところがありましたが、簡単な所での取りこぼしがあり、これも痛かったです。

残念な夏の結果になりました。来週のサピックスオープンは範囲がないのでとりあえず自然体で受けてみて夏の成果を図ってみたいと思います。これよりは改善するといいのですが。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*