7月組み分け(小5) ー確定

トータル約325点でした。偏差値57でした。自己採点通りです。

今回は、社会が悪かったです。算数もイマイチかと思ったのですが、平均が思ったより悪くて偏差値60越えとなりびっくりです。

実際はこんな感じ

1.子供の結果

    点数    偏差値     平均
算数  約95点    61    63.0点
国語  約100点   54    89.3点
理科  約85点    57    77.1点
社会  約45点    48    49.1点

総合 約325点 偏差値 約57 順位 約1400番 平均278.5点

今回も、前回マンスリーとほぼ変わらない結果となりました。まあ、自然体の実力がここということでしょうか。
平均予想と比べると算数が思ったよりも15点ほど低く、理科、社会は思ったよりも5点ほど高かったです。
組み分けでも理科社会ちゃんと勉強してきているという感じです。

2.コメント

1)算数は問題のレベルはさほどでもないですが範囲が広いためか平均点低かったです。おかげて思ったよりも偏差値は良かったですが、まだまだ改善の余地があります。
2)国語は、レベルはさほど難しくなかったのですが、平均90点なのでその比較では余り点数が取れていません。感じ文法で10点、客観問題の配点が高く正解率が高い問題を結構落としているのでこの辺りが課題です。記述は半部くらいでした。
3)理科は易しかったので平均点高かったです。90点位取れると良かったのではないかと思います。
4)社会は今回は駄目でした。前回は偏差値66で実に18も違います。本人曰く、今回は間違えた問題で連れ子にされた物が多かった。また、分かっていたのに解答欄を逆にして失点するなどの事があったとのよし。それも含めた結果として受け入れなければなりません。
5)また我が子の場合トータルの偏差値は余り変動しないものの、良い科目と悪い科目がクルクルと変わるので、よく言えば不得意科目がない、悪く言うと学力が安定していないです。能力というよりも性格、かちっと勉強して隙間なく積み上げる部分の問題に思います。毎月のテストというよりも、毎回の小テストで90点以上の成績を積み上げるという足元を固めることに注力したいと思います。
5)だんだん上位層が離してきている気がします。中位層はダンゴな気がしますが、気を抜くとおいていかれるので頑張ってついていくしかないようです。秋から各教科難しくなるので、振り落とされないようにしないと行けません。

3.今後に向けて

ー算数については、イマイチだと思っていましたが、前回からのトレーニングの成果によりできるようになったという評価になるかと思います。色々細かな点でのミスや正解率の低い問題があるので、夏にてこ入れを図りたいと思います。
ー国語はまだ途上であり、漢字文法はコツコツと続けるとして、読解の精度が低く客観問題を取りきれていないところを強化したいと思います。記述は構成要素をもれなく拾えるところまでが限界だと思います。
ー理科と社会はマンスリー対策は方法として確立しているのでこれを続けたいと思います。電気回路、てこなどの物理分野の理解と応用、生物の暗記が不十分な気がしますのでこれは夏の課題かと。社会は夏に総復習のようなので基本、Sapixの授業で忘れているところを覚え直すくらいでしょうか。過去のマンスリー、組み分けの復習が効果的かもしれません。
ーいずれにせよ、我が子の場合は日々の勉強が雑でその雑さ加減がテストの点数の取りこぼしになっているようなので、夏はカチッと取りこぼしのない勉強の仕方を確立したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*