7月組み分け(小5) 感想

まだ答案が上がっていないようなので、テストの難易度についての感想を

1.算数

・問題量が多かったようです。それぞれの問題はそんなに難しい分けではないですが、正確な処理とスピーディーに解く事の出来る能力が必要とされるようです。
・1、2は基礎トレのレベルです。3は、デイリーサポートの星2つ程度の問題ですが、ちゃんと問題文を注意深く読んで何を答えればいいか気をつける注意力は必要です。
・4もやり方はストレート。
・5は式を立てて条件を整理したら個数は整数に限定されるので、条件を目の子で探せば良さそうですが、面倒そうです。
・6も公倍数の問題で始めいくつか書き出せば出来ると思いますが、最後の問題は面倒そうです。
・7は似た問題を授業でやった気がしますが、それの一番面倒なパターンですね。
・8は単なるパズル。
・1−4までは間違えずにやって、5、6、7、8で得意な問題で2問分完答出来るといい感じでしょうか。5、6、7のどれが得意かは人によりけりかと思います。
・全般的には余りひねりもなく解きやすい問題だとは思いますが、マンスリーよりも単問の難易度は低いかもしれません。とはいえ、範囲なしで解ききれるかといえばそんなには簡単ではないと思います。前回のマンスリーとは難易度の傾向が若干違いますが、後段の問題はそれなりに思考力、処理量もあるので2.5問分くらい取れれば上出来かと。前半は間違えては行けないと思います。

・我が子は、1−4でまた2問ほど間違えが判明しています。後半は8は完投ですが、5、6、7でどれだけで来ているかは答案見てみないと何とも言えません。特に特殊算が主体の今の段階は、正確かつ素早く処理できないと行けないのですが、まだスピードと正確性が足りないようです。また答案上がるとため息になるのではないかと恐れております。

2.国語
・漢字、語彙は素直な問題。
・前段の文章はなかなか面白いです。筆者の文体のテイストが出てると思いました。設問も素直なので国語が得意な人は高得点になりそうです。
・後段は、テストで「努力の素晴らしさ」を読まされるのはなかなか説教臭いなぁと大人目線では思いましたが、設問も割とストレートで、客観問題もひどく悩む事はないような気がします。細かい心情把握を求めるレベル感が、通常のマンスリーの方が細かい気がしました。
・このため、国語の平均点はかなり高くなりそうです。記述についても素直なのである程度は皆取れそうな気がします。

3.理科
・理科のコアプラス、基礎トレをちゃんとやっていると基本的なところでの取りこぼしは少ないと思いますが、そうした問題の中でもちょくちょく細かな点の正確な知識を問うところがあり、こうした点を正確に解答できるかという点で差がついたと思います。
・1.2.は、基本的な知識をちゃんと押さえていれば出来いる問題だと思います。3.は発芽の条件が何かを実験で確認している問題なのでその意図するところを理解した上で後段の誘導にのれればいいのですが、すなおな誘導です。4.の気体の発生は、化学反応が時間発展でどう推移していくかで入試問題を簡単にしたテイストでそんなひねりはないですが、知らないと出来ないような気がします。知っていたら瞬殺かと。
・全般的には難易度は高くないので、知識の細かなところを正確に押さえているかどうかで差が着いたのではないかと思います。思考力というほど難しくはない問題に思いました。

4.社会
・相変わらずの問題の作り方ですが、マンスリーのひねり方ほどではないので、今回は通例に比べると「素直なんじゃないの?」と思いました。
・単なる知識のみならず、それを組み合わせる事で正解率が下がるというのは相変わらずの手法です。
・後は、これは知らないだろうという「ハラル食品」、「EPA」は入試に出るから覚えなさいということで5年生で出来る人は多分いない。我が子も自信を持って「TPP」と答えてました。。。みなとみらいの問題も、面白いとは思いましたが、子供的にはあまりその意味が分かっていないようでした。大人目線では面白いネタ探してきたなぁとは思いましたが。
・後は、地図的センスを求める問題がありつつも、通例のマンスリーよりはひねりが少なく素直な問題だった気がします。

5.総合
・今回は、組み分けが外部の入塾テストを兼ねている事もありひどく最近のSapixのカリキュラムに応じた内容になっている訳ではなく素直と言えば素直な内容になっていました。
・他方、算数、国語は問題の難易度がさほど高くないと思われるために、失点すると大きく偏差値を落とす事になりそうです。理科は平易、社会は知っていても得点に結びつきにくく、知らない問題は点数につながらない、ということで理科は平均点高め、ばらつきがそれなりにあり、社会は平均点低めでばらつきが逆に少ない気がします。
・マンスリー同様、取れる問題でかっちりと取る。算国が難しくなかったのでここで固く押さえて理社は皆が取れる問題を取り、取れない問題は皆できないということで、トータルで取りこぼしがないといい仕上がりになるかと思います。算数や理科などで簡単な問題を落とすと挽回が不能かもしれません。
・我が子の場合、「まあまあ」らしいのですが、全くあてにならないので採点後答案を見て悲嘆にくれる事の無いように祈りたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*