復習テスト結果 ー自己採点ベース

昨日のテストの結果です。
自己採点ベースで国語の記述を半分程度にしていますが、約390点。

1.子供の得点 ー 自己採点ベース
  算数 約135点
  国語 約 95点
  理科 約 70点
  社会 約 90点
  合計 約390点

  いつもここから誤字等で厳しく減点されるので10点位下がるかもしれません。

2.評価
  算数 ー 簡単だったので平均点は高いと思いますが、3問ミスにとどまったのでよしとします。
  国語 ー 説明文はまあまあですが、小説の選択を落としすぎています。細かい心情把握が甘いようです。
       選択問題で後3問、取らないといけないですね。
  理科 ー 簡単な問題を落としているので、完成度が低いようです。80点程度は取ってほしいところ。
  社会 ー 理科度同程度のウエイトで勉強したのですが、相対的によく出来ていました。

  今回、クラス昇降は関係ないのでどの程度勉強したらどれくらい点数が取れるのか、ということと各科目のテスト問題の難易度と傾向が4年のときと同じ考え方でいいのかを確認を目的としていましたが、だいたいこれまで通りの方針で取り組めばいい事が分かりました。

  算数は、今回は全体の問題セットが易しかったようで1問のミスが大きく全体に響いてくる事になりそうです。問題として難しくて分からない問題はなかったので、3問のミスは計算精度の問題だと思います。これまで問題文を注意深く読んでいないミスがあるので、今回はその点気をつけるようにといっておいたのですが、そこはクリアーできたようです。

3.各科目についてのコメント

1)算数
  ー基礎トレと毎回の基礎力定着テスト、デイリーチェックがちゃんと出来ていれば取れる問題でした。
  ー特に重要な問題は何回も繰り返して出てきていたので、その辺りの大問をちゃんとマスターしておけば、後は如何にミスをしないかという問題かと。

2)国語
  ー漢字の部首と画数は結構間違えやすいと思います。この辺りは知識としてちゃんと身につけないといけませんね。
  ー読解は、選択肢のレベルは普通だと思います。記述は設問が漠としているのでちゃんと必要な項目を盛り込んで書く事が出来るかは、まだまだ十分には出来ないような気がします。

3)理科
  ー意外と、化学の最初の部分が3問分出てました。やや思考問題っぽいところもありましたが割と基本的です。植物のところもちゃんと問題演習の内容を理解していれば出来る問題ではないでしょうか。

4)社会
  ー知識として押さえないといけない事は予想がついていましたが、出題形式がどうなるかと思っていたのですが、意外に後半の世界地理の方が組み合わせ、分かりづらい出題形式で工業地帯の方は素直な出題になっていました。オリンピックの問題は、出来ないとは思いますが、知識としては復習で押さえておけばいいという事でしょうか。

4.勉強の方法について
 ー5年になって4年の時のようにテストに向けて復習する時間が余りないので、毎回の授業で積み残しの内容にきっちりとこなしていく事が重要だと思いました。
 ーその上で
   1)算数 ー 小テストで出来なかった問題、繰り返しでてくる問題のマスター
   2)国語 ー 知識、漢字の定着、選択問題をきちんと選べるように毎回の授業で深く理解、吟味
   3)理科 ー ポイントチェック、デイリーチェックの項目を完全に理解/暗記
   4)社会 ー テキストの図表とデイリーチェックの理解/暗記
  をきっちりとこなしていく事かと思います。
 
 ー今回、算数については簡単だった事もありますが前回よりもイージーミスが減りました。理科については社会と比べると覚えるべき物をちゃんと押さえていないために簡単な問題で点数の取りこぼしがありました。こうした弱点は組み分けの有る無しではなく、ちゃんと穴を埋めておかないと6年時に痛い目にあうので、ちゃんと間違えたところは復習させたいと思います。
 
 ーおおむね、勉強の仕方は良かったと思いますが、理科の完成度の低さと国語について手薄になったので次回はその辺りを注力したいと思います。
 ー毎回、課題が異なるのでなかなか「よしっ」という仕上がりならないところが悩ましいところです。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*