近況(中1終了)

中学校1年が終了しました。

成績は、1学期は要領を得ずにイマイチでしたが、2学期、3学期と自分なりの勉強の仕方が確立したのか、それなりのパフォーマンスが出るようになりました。

成績は上位25%となっています。とはいえ科目の凸凹、テスト毎の変動が激しいです。
相変わらずテストで点数が取りきれず、知識の精度が低いのは中学受験時とさして変わりません。
自分でテスト対策して勉強できるようになった点が成長した点でしょうか。

生活のペースが確立したので、他のアクティビティとのバランスをとりつつ、中学時代はこんな
感じで将来の受験科目は崩れないように勉強してもらえればいいかと思います。

英数が高校課程に入る時が一つの山だと思うので、そこをうまく乗り越えられればよいかと思っています。

数学は中学数学は2年生の2学期くらいで終わってしまうようです。英語はもう少しかかる感じでしょうか。
理科と社会は中学受験で公立の中学校がやる範囲がほとんど終わっているので、理科については実験
中心で塗り直し、社会は世界地理、世界史が中心となっているようで、逆にゆとりがあるようです。

今後は、定期テストを定点観測としつつ、自律的に勉強してもらいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*